循環器内科の診療内容・各種検査

電話番号 072-855-0001

循環器内科

HOME > 循環器内科

枚方市の循環器内科は
にしうえファミリークリニック

循環器内科

にしうえファミリークリニックの循環器内科では
慢性心不全、陳旧性心筋梗塞、狭心症、心臓弁膜症、心房細動など各種循環器疾患の診断と継続診療が可能です。
気になる症状や疾患がある方は、お気軽にご来院ください。

にしうえファミリークリニック
循環器内科のご案内

当院の院長は循環器内科の専門医でもあり、不整脈や狭心症などの心疾患や、
それに関連する高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病の治療も得意分野としています。

生活習慣病は動脈硬化が進む原因にもなりますので、健康診断などで異常値がでた場合は、放置しないで早めの治療をされることをお勧めします。

循環器内科系の症状

  • 息切れ・動悸
  • 息苦しさ
  • 脈の乱れ
  • 血圧が高い
  • 胸の痛み・圧迫感
  • 体のむくみ
  • 歩行時の足の痛み
  • 眼前暗黒感、失神発作
  • 倦怠感・体のだるさ

循環器内科系の疾患

  • 高血圧

    高血圧

    血液の流れの抵抗が高くなると、心臓は収縮力、圧力を高めて身体の隅々まで血液を送ろうとします。その結果として血圧が高くなるのが高血圧です。血圧が上昇するだけで症状が出ることはまずありません。放置すると突然、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞などの重篤な合併症が出現する注意を要する大事なご病気です。塩分の摂り過ぎや過度な飲酒、肥満などの是正で高血圧が是正できることもありますが、日本人の多くが本態性高血圧と言われる遺伝性疾患で、お薬を飲んでいただくことで血圧を下げて、将来の合併症を予防することになります。

  • 糖尿病

    糖尿病

    糖尿病には大きく分けて、インスリンが体内で作られずに起こる1型糖尿病と、遺伝(家族歴)と生活習慣が関係している2型糖尿病があり、日本の患者の95%が2型になります。
    当院では2型糖尿病の診療を行なっています。
    糖尿病の初期段階では自覚症状は、ほとんとありませんので、健康診断で指摘されることが多い病気です。糖尿病で血糖値が高くなった状態で十分な治療せずに放置しますと、動脈硬化が進行し、網膜症や狭心症、心筋梗塞、腎不全などその他の合併症を引き起こす原因にもなります。糖尿病が判明した時点で、受診していただき、生活習慣見直しを含めた治療を速やかに始めることが重要です。

  • 脂質異常症

    脂質異常症

    血液中のコレステロール値や中性脂肪が一定基準よりも高くなったり、低くなった状態をいいます。自覚症状がなく健康診断で指摘を受けても放置してしまう方が多い病気です。症状が出ることはありませんが、放置すると急性心筋梗塞や脳梗塞を発症する確率が上がります。遺伝が関連する場合もあります。
    他の動脈硬化の危険因子と合わせて総合的に治療の必要性を判断いたします。検診で異常値を指摘されたから、すぐに薬を飲まないといけないわけではありません。検診などで異常値を指摘された際はお気軽にご相談においでになってください。

  • 不整脈

    不整脈

    不整脈は、大きくわけると脈が速くなるタイプ、極端に遅くなるタイプ、リズムが乱れるタイプの3種類があります。動悸や息切れ、胸痛がはげしくなかなか治まらない場合や失神を伴う場合は注意が必要です。全ての不整脈が治療の対象になるわけではありませんが、心房細動のように脳梗塞の原因になる場合もあり、いずれの場合も自己判断せず、診断を受けるようにしましょう。症状が続いていれば心電図ですぐに診断できますが、症状が間歇的に出現する場合は24時間ホルター心電図を用いた検査が必要になります。

  • 狭心症

    狭心症

    狭心症は、心臓に血液を供給する冠動脈に動脈硬化が生じたり、血管が痙攣を起こしたりし、一時的に必要十分な血液の流れがなくなることにより、胸痛や胸部の締めつけ感が出現する疾患です。診断は専門医による症状に関する詳しい問診が重要です。心筋梗塞の前兆の症状のこともあり、短時間でも経験のない胸痛などを認める場合は診察においでください。検査は、最近は、まず外来で造影剤を用いたCT検査を施行した上で、入院での造影検査などの精密検査の要否を判断することが多くなっています。
    治療は動脈硬化の危険因子のコントロールに加え、入院の上、局所麻酔で心臓の冠動脈に小さな風船を心臓カテーテルという細い管を用い挿入し、狭くなった部位を拡張し、さらにステントという金属製の網目の筒を挿入して広げて血流を改善する治療を行うことが多いですが、内服薬のみで症状をコントロールしていくこともあります。病状によっては、冠動脈バイパス手術が必要になる場合もあります。

  • 急性心筋梗塞

    急性心筋梗塞

    急性心筋梗塞は、突然、血栓によって血管が塞がれ血液が流れなくなり、心筋が壊死してしまう状態をいいます。通常、突然出現する激しい胸痛を認めますが、糖尿病患者さんでは明らかな胸痛を認めないこともあります。発症早期に心室細動という突然死に至る危険な不整脈が出現することもあり、できるだけ早く、設備の整った、心臓急性疾患を治療する専門病棟に入院する必要があります。突然胸が今まで感じたことの無い強い痛みが出現したら救急車を呼んでください。急性期の治療後は、病診連携の元、外来で心筋梗塞の再発予防のための治療が重要です。患者さんによっては、心不全のコントロールを内服治療で行なっていきます。

※引用ならびに転載を禁止します。※

当院で対応している
各種検査のご案内

各種検査

  • デジタルファイリング心電図装置
  • コンピュータX線撮影装置
  • 心臓超音波検査装置
  • 24時間Holter心電図(入浴可能防水型)
  • 自転車エルゴメーター運動負荷心電図
  • ワーファリン服薬管理;PT-INR迅速検査
  • 血圧脈波検査
  • デジタルスパイロメーター(呼吸機能検査)
  • 頸動脈エコー検査
  • 終夜睡眠ポリグラフィー
  • 睡眠時無呼吸症候群(SAHS)の検査
  • AED(自動体外式除細動器)
  • デジタルファイリング心電図装置
  • コンピュータX線撮影装置
  • 心臓超音波検査装置
  • 自転車エルゴメーター運動負荷心電図

また、診診連携も積極的に実施いたします。
他の医療機関からの検査依頼や診察依頼にも応需いたします。

にしうえファミリークリニック
のご案内

診療時間表

休診日…水曜午後・土曜午後・日曜日・祝日

所在地
〒573-1116 枚方市船橋本町2-34
アクセス
京阪電車「樟葉」駅からバス乗車。「船橋」バス停より徒歩約1分。
駐車場…6台分完備

より詳細なアクセス方法はコチラから。

ページトップへ